神奈川県相模原市中央区中央3-7-1

休業日:日曜・祭日

アクセス:JR横浜線相模原から18分

お気軽にお問合せください

042-756-3178

営業時間:10:00〜18:00

陶芸

                             信楽焼
  信楽は付近の丘陵から良質の陶土がでる土地柄で窯元がある付近に行くと畑や川底にも粘土が豊富に分布している。信楽の土は耐火性に富み、可塑性とともに腰が強いといわれ、昔から親しまれているたぬき等の大きい作品や細工しやすい粘性があるため、花瓶や食器他多種多様の作品が作られている。温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいに特色づけられ、長い歴史と文化に支えられて日本六古窯のひとつに数えられている。

                            志野焼
  日本の焼物の世界で作られたことの無い絵を描く作品として現れたのが志野焼である。志野は白い土に白い長石釉をかけて作る。描画により表現力は豊になり、それまで殆ど無地だった茶碗の世界でも志野の茶碗には白地に鉄絵が加えられることで、新しい世界が生み出された。また、酸化鉄の釉をかけその一部を掻き落として白い釉をかけることで絵志野とは反転の世界となる鼠志野が生まれた。

                             織部焼
   千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で創始され、織部好みの奇抜で斬新な形や文様の茶器などを多く産した。織部はこれまでにあったいくつもの陶芸要素が交じり合いながら生まれた世界である。織部の色彩の基本は「織部釉」とも呼ばれる銅緑釉による緑色でそれに長石釉との掛け分けによって緑と白に塗り分けている。造形の点では従来の円形から菱形・扇形、歪みを取り入れた作品が多く作られるようになった。

                            備前焼
   岡山県備前市周辺を産地とする陶器、。古代の須恵器の流れを汲んでいる。釉薬を一切使わず「酸化焔焼成」によって堅く締められるため堅牢に仕上がる。備前焼の最大の魅力は窯の中で土と炎と灰が生み出す表情豊な景色にある。現在は茶器・酒器・皿などが多く生産されている。「使い込むほどに味が出る」と言われ、派手さはないが飽きがこないのが特色である

 

小西陶三
抹茶茶わん

                           益子焼
   栃木県芳賀郡益子町周辺を産地とする陶器。江戸後期に常陸国笠間藩(現笠間市)で修行した大塚啓三郎が益子に窯を築いたことにより始まったとされる。笠間の流れをくみ当初は水がめ・火鉢・壺などの日用品が主に製作されていたが、大正13年に濱田庄司が益子に定住し、「用の美」を提唱する民芸運動に共鳴して民芸陶器の代表的な産地となる。益子焼は石材粉や古鉄粉を釉薬にし、犬毛筆で色づけを行う為、重厚な色合いとぼってりとした肌触りに特徴がある。

                          楽 焼
   京都で茶の湯で使う茶碗として焼かれる器を楽焼という。当ギャラリーでは平安祥悦の写しを扱っている。

 

平安祥悦 利休七種写し
検交茶盌 80×125
¥21,000-

陶芸作家のご案内

淡い茶色の作品の内側に描く個性的な線刻画が響きあい、調和の取れた魅力ある作品になっています。また、志野焼調のコーヒー茶碗セットやスープ茶碗セットも魅力です。

益子で修行を積み、平成18年度の浜田庄司賞に輝いた若手陶芸家のホープです。現在は多治見の陶芸研究所で勉強中です。将来楽しみな若手の一人です。

陶芸財団展で数々の受領歴がある陶人形制作の第一人者。人や動物をテーマに素朴な味わいに定評があります。

信楽焼きには珍しく、白い粘土で黒と灰白色で焼き上げた独特の味のある作品に定評があります。価格も手ごろで求めやすく当ギャラリーの人気作家の一人になっています。

手びねりで2㎝以上の厚さで形を作った後8割方削り落として成型するという方法を取っている。 こにより、しまりのある鋭角的な造型に仕上がり、また、色付けと焼成を2度3度繰り返し、新しい色合いを出す工夫もしている。

使っているうちに細かいひびが入り、独特な風味を増す、楽しみな作品です。飾り気のない素朴な作りも多くの人に喜ばれています。

野菜などを作る畑の土にはならない厄介者の粘土に、釉薬も畑の肥やしにしかならない稲の灰や落葉樹の灰を使い、轆轤は足で蹴る轆轤を使います。ただ窯だけは横浜の町なかで、蛇窯という丹波独特の登り窯で作陶します。独立してからはガス窯で年に7,8回焼く事30年余りになります

NHKの「小さな旅」で、タジン鍋が取り上げられ有名になった作家です。とんがり帽子のような形の蓋が特徴的タジン鍋は栄養価を逃さない優れものの鍋で、デパート等に卸されています。

中国の南宋時代に焼かれ、日本でも珍重された木の葉天を目彷彿させるおしゃれな器。釉薬の技法に研究熱心で、安土桃山時代の黄瀬戸を再現したり、世界最古のエジプト青釉を再現する等留まるところを知らない。

お問合せはこちら

気になる作品がございましたら
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-756-3178

受付時間:10:00〜18:00(日曜・祭日を除く)

新着個展情報

2017年6/12~6/24

「フォトアート四人展」
桑原輝夫/SHIGERU SAKATA
高橋梓/菅沼早苗

2017年6/26~7/8

「フクシマに咲く花」
―戸田みどり日本画展―

2017年7/10~7/15

「気ままなスケッチ画展」
 美濃又孝志

ごあいさつ

中澤知津子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。