神奈川県相模原市中央区中央3-7-1

休業日:日曜・祭日

アクセス:JR横浜線相模原から18分

お気軽にお問合せください

042-756-3178

営業時間:10:00〜18:00

トップページ
トップページ
トップページ

ギャラリー誠文堂とは

相模原市役所のすぐ近く、静かな住宅街の中にある地域に根ざしたアットホームギャラリー
 

アート作品への想い

ギャラリー誠文堂は相模原市役所の近くで油絵・版画・陶芸・写真をメインに美術作品の販売とギャラリーレンタルをしており、主に現代美術を多く取り扱いっております。現代絵画の巨匠アンリ・マティスは「私は一枚の絵をみる時、何が描かれているかよりも描かれた線と形と色に興味がある」というとても意味深く好奇心をかき立てられる言葉を残しています。線の動きや形の面白さ、色によって表現される心の動きなど感じながら作品をご覧になりますと1枚の絵から様々な新しい世界が生まれることでしょう。


 

現代美術とは現在の世の中を表現するカジュアルな芸術です。時代感覚を楽しみながら自分の感性に合う作品を部屋に飾る。アートは美術館で鑑賞するものもあれば、身近に置いて生活の中で楽しむものもあります。めまぐるしい日々の中でふと作品を楽しむ。きっとその瞬間、心に少し余裕が持てるでしょう。ギャラリー誠文堂はそのような作品と出会えるかけ橋になれましたらと思っております。
 

ギャラリーレンタルはこちらをクリック

ギャラリー誠文堂へようこそ!

代表の中澤知津子です。

相模原市でレンタルギャラリーをお探しなら、ギャラリー誠文堂へ。

都内の画廊よりもずっとリーズナブルにご利用頂けます。気軽に個展を開きたい、アートサークルなどで作品の展示会をしたい、ワークショップの開催など、何でもお気軽にご相談ください。

また、個展を開催した作家さんや有名作家の作品(絵画・油絵・版画・陶器・写真等)も販売しております。

相模原市の方だけでなく、町田市・八王子市・横浜市の方にも地域を問わずどなたにでもご利用頂けます。お気軽にお問い合わせください。

サービスのご案内

現代美術を主体に陶芸、写真、立体作家の個展会場としてご利用いただいています。お気軽にお声かけください。
 

当ギャラリーをご利用いただいた作家さんの作品をインターネットで販売させていただきます。実店舗を併設していますので、お客様からの信頼は高くなっています。

当ギャラリ-をご利用いただいた作家さんがご運営されている絵画教室のインターネットによる宣伝を無料でお引き受け致します。

「謳歌する心 №1」 
 

2018年11/12(月)~11/24(土) 日祭日休廊
平日10時~18時 土曜日13時~18時(最終日17時)
作家在廊日 12(月)14(水)16(金)17(土)
                19(月)21(水)24(土) 15:30~

  私の絵を描く目標は、常に新しいものへ向かおうとするチャレンジ精神です。そして、絵に命が与えられたと感じられたら完成です。
  頭の中を空っぽにして、心が震えるような感動を見つけながら生きていけたらと思います。不思議なことですが、画面が話し出してきて、私が描いているのに、まるで私と無関係に仕がっていきます。画面に出現するのは心の奥深いところの風景です。

 開催予定の個展のご案内

信太昭子(曼荼羅)

企画:ギャラリー誠文堂 鈴木國男with Misuzu セッション
場所:ギャラリー誠文堂 相模原市中央区中央3-7-1http://www.seibun-dou.jp/

期間:2018年12月10日(月)~22日(土)
   月~金10:00~18:00  土、日13:00~17:00

ギャラリートーク 12月15日(土)15:00~17:00
オープニングパーティ 12月15日(土)17:00~
ワークショップ 12月22日(土)13:00~15:00

後援:相模原市教育委員会 フェイスブックグループ:さがみはらぶ



潤水都市・相模原で繋がった様々なジャンルで活躍する作家たちが、「水」をテーマに制作した作品を展示します。話題沸騰のシリーズ3回目。魅力的な「水」のストーリーを、どうぞお楽しみ下さい。

〇出品作家 *順不同、敬称略

板倉三絵(クラフト) 北川聡(墨絵画) 坂田茂(フォトアート) 笹野梓(写真) 信太昭子(曼荼羅)

白井卓哉(写真) 菅沼早苗(トイカメラフォト) 鈴木國男(日本画) 深澤がらしゃ聖(イラスト)

竹内里奈(ガラス) てきとうかきお(イラスト) 中西晴世(ミクストメディア) 保田莉奈(ガラス)

武野脩(鉛筆画) 室井弘道(木版画) 山田裕一(現代美術) 山本恭子(染色)

Stone Valley工房(レジンアクセサリー)

 

ペインティングパフォーマンス2018グランプリ作品

毎年,当画廊前のリバティ通りで商店街の秋の行事としてペインティングパフォーマンスが行われます。
このパフォーマンスは、リバティ通りを交通止めにて応募者グループが畳2畳ほどのベニア板製のキャンバスを広げ、4時間程度をかけてテーマに沿った絵を仕上げるものです。見学者や専門家が審査員となり、投票を行い上位の作品に賞金や記念品が贈られます。今年で4回目になり当ギャラリーで個展やグループ展を行って頂いている方々も毎年応募されております。右の作品は今年のグランプリ作品で、4年連続参加のペインター集団「その絵の会」の作品「こけ丸海をゆく」です。下記作家近況を参照下さい。

 

 

   

モネ、ルノワール、カンジンスキー等の作家の絵をモチーフにしたハンカチ・ポーチ・小銭入れ・一筆箋の販売を始めました。オシャレで可愛い小物で贈り物にも喜ばれることうけあいです。



 

作家近況

山本恭子様
草木染で定評のある山本恭子様が改組新第5回日本美術展覧会で見事入賞し、下記の日
   程で展示されます。生活空間を創造する個性豊かな工芸作品と銘打ち、日本の新たな工
   芸の視点を呼び起こしてくれます。
     開催期間  平成30年11月2日(金)~11月25日(日) 火曜日休館日
     場  所  国立新美術館
その絵の会(久保田園絵様)
ペインティングパフォーマンス2018でグランプリを受賞されました。初回大会に続き
    2回目の受賞です。「その絵の会」は久保田園絵様が主宰されている絵の会で本拠地は
    平塚にあります。娘さんである保田愛絵様はお母様から絵の手ほどきを受け、相模原
    の下九沢でアトリエMEGU絵画教室を開設しています。このような関係から「その絵
    の会」が毎年ペインティングパフォーマンスに参加しています。高い空から見下ろす
    様なスケールの大きな絵が特徴で、見る人を楽しませてくれる格調の高い作品です。
      開催された日 2018年10月7日(日)
      開催場所   相模原リバティ通り商店街
武野 脩
   「60周年記念二科会神奈川支部展」の公募展にて横浜市長賞を受賞。
    これが鉛筆で描いた絵かと見間違うほどリアルな鉛筆使いは驚きの連続である。
    高校生の時に美術部に入り絵の勉強をされたそうであるが、素質に恵まれて現在が
    あるのだと思う。丁度相模原市民ギャラリーで個展を開催されますので一見されま
    すようお勧めいたします。
      開催期間 平成30年7月12日(木)~7月17日(火)
      場  所 相模原市民ギャラリー第一展示室
    なお、12月10日~12月22日に当ギャラリーのグループ展に御参加いただきます。
二木好文様
第22回(2018年)陶芸財団展にて最高賞である文部科学大臣賞を受賞しました。
   おめでとうございます。当財団展では毎年受賞しておりますが、文部科学大臣賞は初め
   てで17年間の陶芸人生で最高の喜びだと語っています。
     第22回(2018年)陶芸財団展
     開催期間 平成30年6月27日(火)~7月8日(日)
     場  所 国立新美術館3階展示室3B





 

トピックス

ホームページリニュル

ホームページをリニューアルしました。
個展開催を計画されている方への参考情報を増やしました。
 

お問合せはこちら

気になる作品がございましたら
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-756-3178

受付時間:10:00〜18:00(日曜・祭日を除く)

2018/11/12~11/24

「松永健吾展」
ー謳歌する心ー

2018/11/26~12/8

年末お楽しみセール

2018/12/10~12/22

水で繋がるアートワークスⅢ

ごあいさつ

中澤知津子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

大見出し

中見出し

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・ん

中見出し
  • ここを書き換えてください
  • 文字を消したい場合は「BackSpace」キーを押してください
  • 「Delete」キーを押すと、行ごとなくなる場合があります
  • 不要な行は、アイコンごと削除してください
  • 「Enter」キーを押すと行が増えます
中見出し
項目1項目2項目3項目4
項目1-1   
項目1-2   

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・ん

03-0000-0000

詳細はこちら