神奈川県相模原市中央区中央3-7-1

休業日:日曜・祭日

アクセス:JR横浜線相模原から18分

お気軽にお問合せください

042-756-3178

営業時間:10:00〜18:00

版画

版画とはもとになる作品の版を作成し、その版により、同じ作品を複数枚作成するものである。版の素材には様々なものがあり、代表的なものは日本の浮世絵の作成に使われた木版画である。この他に下記の通り様々な技法がある。
右の作品は創作版画の草分け的存在である山本鼎の代表作
「漁夫」である。日本における現代版画はここから始まったと言える。

版画技法の種類
 銅板画
ドライポイント=よく磨かれた銅板に鋼鉄針やダイヤモンド針で直接版に描く最も簡単な技法であるが、刃が滑ってしまうため、熟練を要する技法である。描いた線の両側や片側にめくれが出来るため、紙に刷ったとき引っかかって思わぬ効果を得ることが出来るが、15枚程度しか刷れない。このため、メッキをほどこして堅牢にしている。
エッチング=松脂と蝋の混合物で作った酸に犯されにくいニスを銅板の版面に塗り、鉄筆で刻描して絵を描く。これを硝酸液に侵すと、鉄筆で描かれた銅の部分が腐食し、侵す液の濃度や温度、時間の長短により線の太細、強弱を得ることが出来る。
メゾチント=銅板の表面全体に櫛歯状の彫刻刀(ロッカー)で、縦、横、斜めの無数の線を作るとビロードのような感触の深い黒色バックが出来る。その版面をスクレーパーで削って明るい部分を作り、バーニッシャーでならすと白い図形が浮かび上がってくる。
アクアチント=松脂や砂糖の粉末を銅板上に散布して熱すると多孔質の砂目の美しい版面ができる。版面をザラザラにするため、紙やすりや硫黄の粉末を散布することもある。

  木版画
板目木版=浮世絵に代表される技法で、桜、桂、椿等の木を木目に対して水平に引き割った板を版にして絵を彫る。次にその版面に絵の具を塗り、紙を乗せて上から「ばれん」でこすって完成する。多色刷りでは色の数だけ版を作り、版毎に色をつけてゆく
木口木版=つげや椿などの幹を輪切りにして寄木した面に絵を彫る。輪切りにした面は硬いため,同じ木版であっても板目木版に比較して緻密な線の出来上がりになる。

リトグラフ(石版)
油が水をはじく原理を用いた技法で、石灰石に油性の解墨、鉛筆、チョーク、クレヨン等で絵を描く。次に、その上から滑石粉末を散布し、更に少量の硝酸を加えたアラビアゴムの液を塗る。絵を描いた部分にはインクが付着し、描いていない部分は水を吸収してインクをはじくようになる。石灰石の変わりに、亜鉛板やアルミ板を使って大きい作品を制作することもある。

  シルクスクリーン(セリグラフ)
絹や合成繊維のスクリーンを枠に張り、絵柄以外の部分を何らかの方法で目止めし、インキが通らないようにする。スクリーン上にインキをのせ、スキージ(幅広いヘラ状のウレタン板)で圧力を加えながら平行にインキをひいていくと、網目を通してインキが紙に刷り込まれる。インキが厚く刷られ、明確な色彩表現のできる点が特徴である。

リノリウムカット
リノリウムというゴム板を彫って描く方法で、彫に抵抗が少なく柔らかい彫味を出すのに最適な方法である。扱いやすいため、板目木版とともに、学校の図工の授業で最も多く使われている素材である。、

 モノタイプ
複数刷れることが版画の特徴であるが、手法によっては一点かせいぜい2-3点しか刷れないものもあり、そういう作品をモノタイプという。少ない部数の作品を制作する理由と方法は様々だが、例えば、金属板に直描きして、そこに紙を乗せ転写するという方法は、一回性ということに作者がこだわっているときに行われる。
 

版画作家のご案内

独創力のある力強いモチーフが魅力の作家。現在、小学校で教師をしながら、作品の作成に励んでいるが、生徒に喜ばれるオブジェの作品も又面白い。

多摩美術大学在学中に全国学生版画展で買い上げ賞を受賞した。強い線の魅力から最近は和紙をコラージュに取り入れた柔らかい作風の銅版画家に変わりつつある。

 女子美術大学出身の版家。水性木版に定評があり、ダイナミックな中に繊細な色使い観るものをはなしてやまない。全国大学版画展の買上げ賞に始まり、日本版画協会展・奨励賞、春陽会・奨励賞等数々の受賞歴のある。

版画専門学校の教授であると共に相模原市主催のあじさい教室で版画講師を務める人格者である。作風は半抽象でウイットに富んだモチーフが多い。 従来のオレンジ主体の色彩から紫やグリーンを配したモダンな色彩に変化している。

先天的という意味合いの哲学用語「A Priori」と日本語で永遠の音を表す「Towane」を合わせた私の造語それが作品の終わりない生命の悠久の時間をモノクロームの銅版画で表現する作品。見る者を幽玄の世界に引き込む不思議な魔力ある。

身の周りのありふれた出来事や見聞きする世相などを題材として、実際に見た光景や受けた感想を元にして、「流れ」を感じられる風景画の様な画面をめざしております。作品は凸版木版を油性インクで刷り、一枚の板を彫って刷り、また彫って刷ってを繰り返す「掘り進め」技法で制作

木版ミクスメディア、それは使用する木や素材により様々な表情を生み、刷っていくうちに思いがけない表現になることもあります。幅広い素材と自由な描写で予期せぬ新しい発見・新しい夢が膨らみます。版で遊ぶを身上に制作

石のような形を平面的に描いたり、複数の楕円をリズミカルに配置したりして表現する面白い作家です。

2009年全国大学版画展収蔵賞。2010年川上澄生美術館木版画大賞で大賞、第78回日本版画協会展京都展記念賞、女子美卒業制作賞、2011年やまなし県民文化祭大賞等の受賞歴。「木版画の技法を用いて心象風景を描いています。人の記憶のどこかにある、観客の数だけ見えてくるイメージがあるそんな不思議な作品を目指している。

女子美術大学の大学院を平成23年3月卒業の新人。松下サトル先生より水彩木版画の指導を受け、女子美卒業制作賞受賞

娘は、童謡の「アイアイ」を歌うと喜ぶ。赤ちゃんがいちばんはじめに発しやすい母音。「あい」には愛、逢い、哀、間多難な世に生まれた命から見える息づく力を、「あい」からはじまる形にする。
と解説するように子供さんに対する愛情に満ちた生活の中から新しい作品が生まれてくる今日この頃である。

銅版画の腐食に興味を持ったのは大学3年生、駒井哲郎先生の集中講義の時でした。以来いろいろな幾多の作品を作ってきましたが、いまだに黒の魅力を捨てきれません。どころか、ますますモノクロームの美しさ黒という存在が気になります。何とか黒ではない世界をと思っていますが・・・

近年続けている「鯨 景」のシリーズです。滞在していた青森の島風景が私の中で次第に大きな鯨に映り、続けているシリーズです。今回は「月」という言葉と絡めて制作しました。木を彫り、バレンを使った水性木版で紙にそんな風景を刻み込めればと思っています。

“シンプルなものの中にこそ、本質的な奥深さがある”というテーマのもと、ものや風景の空気感や心象から本質的なものを表現しようと制作している。ここ数年は、白のみでの表現にこだわりながら、うっすらとそこにあるもののエネルギー、形になる前の無垢なそのものを表現している。

線と線を集め、その中の僅かな境を手がかりに、草原の道や川の流れ、山並み、上空から見た山河にと線だけで表現する想像力は並大抵ではない。外国大使館主催の版画展にノミネートされる等実力の程がうかがわれ、将来が楽しみな作家である。

「何百億光年のかなたより 秩序と無秩序の隙 から 聞こえてくるささやき 地球は嗚咽し悪臭を放ちながら ワナワナと震えるしかない もしそれが 光であるなら 光があるなら 希望に向かうひとすじの道になるであろうに」  と表現するように、画家でもあり、詩人でもある感性の豊かな作家である。

光の美しさや水を含んだ風や地上に届く熱の暖かさに五感が呼び覚まされます。その一瞬の心象を形にしたいと思って制作しています。そして、観る人の想像力に響くものであって欲しいと思っています。

鮮やかな色彩の一点もの版画。東南アジアより取り入れた和紙が独特の風合いをかもし出す素敵な作品です。

   西川洋一郎 

リトグラフとデジタルプリントのミックスに手作業を加えて仕上げている。デジタルプリントはいわば光の絵画である。これを物質としての色に組み替えイメージを構築していく為にアナログリトグラフや手仕事は必要不可欠な工程だと思っている。

女子美術大学出身の銅板画家。鋭い線で表現する銅板画家のなかにあって、腐食の技法を使ったぼかしを多用する特異の存在である。

現 在、フォトグラビアで制作しており、写真により近い表現が可能となった。写真には対象となる事物が必要であるが、私は引用はおこなわず、身近な物を収集す る意識で対象としている。この作品は、「地」を境として、地表の物、つまり存在する物と、地中の物、かって存在した物の関係を制作のテーマとしている。

 

従来は木版とシルクスクリーンを併用して制作している。近年は折り紙をモチーフにした作品を中心に取り組んでいる。

昔は講談社の文庫本の表紙絵を描いていましたが、現在はコミカルなリズム感あるフォルムで画面を構成したり、シャレた色彩で対象を描いたりと飽きの来ない作家です。また、贈り物作品としても人気があります

  八木なぎさ

静まり返ったモノトーンの世界に不思議な形をし古風なた器や箱が置かれ、夢の中にいるような感覚に襲われる作品群。引き込まれてやまない感傷に沈るようだ。

山本剛史

一点一点様々なストーリーを持つ作品を一つのステージで共演させてみました。絵と絵、絵と鑑賞いただくお客様とのぶつかりあい、十人十色のストーリーを感じ共演して頂きましたら幸いです。

渡部一重    

彫刻と版画作品を手がける延岡出身の画家。九州男児で晩からではありながら、内心は繊細な感性の持ち主です。素朴な画風で、嫌味がない。

お問合せはこちら

気になる作品がございましたら
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-756-3178

受付時間:10:00〜18:00(日曜・祭日を除く)

2021/3/1~3/13

令和2年度
アトリエMEGU作品発表会

2021/3/15~3/27

難波田龍起・史男展

2021/3/29~4/10

桜時-さくらどき-版画四人展

ごあいさつ

中澤知津子

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。